名古屋の大家さんが読む代わりに満室計画が読んだ不動産投資の本

2021年02月17日

 

以下、Amazonより

昨今、世界的企業であるアップル、ダイソンなどの名だたる企業が
「デザイン経営」を導入することで業績を伸ばしています。

一方で日本企業においては、「デザイン経営」を
導入している企業は約15%とまだ少ない現状です。

経済産業省は、2018年5月に「デザイン経営宣言」を発表し、
日本の経営者に対して、早急にデザイン経営を
事業の中核に導入することを促す動きを見せています。

このような未曾有の変革期において、
なぜ「デザイン経営」が注目されるでしょうか<? br><; br>本書ではその背景について解説していくとともに、
他社に先駆けていち早く「デザイン経営」に取り組み、
認知度アップ、生産性の向上、メディア掲載件数の激増などと
確実に成果を上げている著者の会社での
取り組みを明らかにしていきます。

不動産業界だけではなく、様々な業種、業界で実践できる
「デザイン経営」に関する方法を知り、
読者のビジネスの現場において活用して頂きたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

リノッタブランドの代表が書かれたこれからの賃貸住宅経営におけるデザインの重要性。

デザインの持ってる力を実感するには「百聞は一見に如かず」です。

最高のデザインの持ってる力は今更、お伝えするまでもありません。

世界の常識を変えるほどの力があります。

 

しかし!!

 

素人のデザインほど

見苦しい物もありません。

 

安かろう、悪かろうの溢れている時代でもあります。

賃貸住宅経営に良いデザインをコスパ最高に導入したいオーナー様必見!!

実行したいな、と思われたら迷わず私たちに言ってくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

2020年09月15日

 

利回りとは?

「利回り」とは簡単に言うと支出に対する利益の割合のことです。

不動産賃貸経営などをする前にその建物の収益性を考えなくてはなりません。
不動産賃貸経営をするために不動産物件を購入する際には、どのくらいの期間で支出金額を回収することができるのか、

どのくらいで利益を上げていくことができるのかを把握しておくことが大事です。

表面利回りとは

購入費用で割った数値で表した利回りのことをいいます。
よく物件情報などに利回りが記載されていますが、その多くは表面利回りが多いようです。

計算式  :  表面利回り=年間収入÷購入価格

単純計算例:【土地購入費+建築費用が1億円、家賃8万円 貸室10室の場合。】

8万円X10室=80万円(月額収入)X12ヶ月=960万円(年間収入)
960万円÷1億円=0.096 正確にはこの数字を100倍にする。
0.096X100=9.6%となる
◎収益力を大まかに捉えるのに便利!
△その物件を購入した時点での単年度の指標のため、 その後の利回りを維持できるかは解らない

 

 

実質利回りとは

満室を想定(予想)した年間の家賃収入を物件購入費用で割った数値です。

 

計算式  : 想定利回り=年間収入÷購入価格

 

物件購入の際についている利回りは想定利回りの場合も…!?
不動産物件情報に記載されている「利回り」は、あくまでも販売会社がつけている言わば「想定利回り」も多いです。

収入の基準となる家賃もその物件内の最高額で判断されていることが多くあります。

 

入居率を考慮することも重要

いくら計算上の利回りが高くても、そもそも人が入居しなければ収益をあげることはできません。

「バス・トイレ別の部屋は入居率が高い」 「ペットも飼える部屋の人気が今高まっている」等、

その地域の情勢を踏まえどのような間取り・特徴の部屋に人気があるのかを考慮に入れて利回りを考えましょう。

自分で利回りを計算してみよう

以上のような理由から、物件購入の際に販売会社が記載している「利回り」相違して鵜呑みしてしまうことは危険です。

家賃や入居率及び年間ランニングコストなど経営していく際にかかる費用等も考慮に入れながら、ご自身が十分理解して利回りを計算してみることをおすすめします。

 


 

 

 

 

名古屋の大家さんが不動産投資の為に読んだら良いけど代わりに満室計画が読んだ本

満室計画のリフォーム、改修工事、原状回復工事の成功事例(賃貸住宅版)

名古屋の大家さんの為のスペシャルコンテンツ

最新情報はこちら

賃貸住宅リフォームマスターのブログ【名古屋物語】

アーカイブ

 

Copyright(c) All Rights Reserved by Manshitsukeikaku, ltd.