施工事例集

2017年04月18日

 エレベーターの扉の劇的リフォーム施工前 ➡ 施工後。デザイナーズマンションの雰囲気にもぴったり!

こんにちは。最近は暖かい日が多く、春を感じます。

弊社の管理物件でもこの春のシーズンは、1年の中で一番入居・退去の動きがあります。

お問合せ・内覧も毎日のようにあります。

1年で一番多い入居のこの時期を逃さないように、一番はお部屋が重要な決め手となるのですが、

そのお部屋に入る前に、エントランス・共用廊下・共用階段・エレベーターの清潔感や防犯設備も、内覧者様は必ず鋭い目でチェックしております。

そこで、常日頃から現入居者様のお声に耳を配り、入居目線での改善点に注目しております。

今回お声を頂いたなかでピックアップさせて頂くのは、エレベーターについて。

新築のマンションでは最新のエレベーターが適応され、洗礼されたスピーディーなエレベーターですが、

築20年のマンションでは、それもそのはず20年の歴史あるエレベーターで最新モデルには到底敵いません。

だからと言いましても、故障していない限りは、エレベーターをマルっと取り替えてしまおう!という選択を選ばれる方を目にしたことがありません。

そこでまず基本ですが、傷んだエレベーター扉、汚れた籠内の壁や床、シミがありにおう壁面マットは、すぐにでも取り替えをおすすめします。

エレベーター本体取替の費用の50分の1の費用で、最新モデルのようなスッキリした清潔なエレベーターに生まれ変わります。

エレベーター扉・壁面に貼るシートは、何百種類の中から好きな柄・色を選ぶことができます。

今回は、エレベーターの使用頻度の多い昼中を避け、夜間で作業させて頂きました。

5階建て(5フロア)分のエレベーターホールのシート貼と、エレベーター籠内の壁面シート貼替ですが、工期は1日でした。

シート貼替工事の際は、エレベーターを使用停止にするのでご入居者様にご迷惑が掛かてっしまいますが、ご負担をお掛けせずに工事を終えることが出来ました。

エレベーター付き物件をお持ちの大家様。いつでもお気軽にお電話くださいませ。


 

  

 

Copyright(c) All Rights Reserved by Manshitsukeikaku, ltd.