投稿日:2017年07月03日

何故、新築マンションには2DK・3DKという間取りがないのか?

間取りのトレンドは時代によって変化するものです。

築30年の物件と新築の物件を比較することによって

間取りのトレンドの違いがわかります。

築30年の間取りでは、個室は比較的広く快適な印象です。

個室の数が重要視されておりました。
一方、新築の間取りは個室の広さはおさえられており、個室よりもLDKの広さを重視している傾向が伺えます。

子供が1人か2人という今どきの家族にとっては十分な広さと言えます。

新築の間取りの個室には和室がないことも大きな変化です。

細かい点を見ていくと、新旧の間取りで異なるのは収納の取り方にも違いがあります。
築30年の間取りでは個室の収納は主に押入れとなっており、

容量としては問題ないが洋服を収納する場合に使いにくい為、

新築ではクローゼットが設けてあります。

引越しをする際に多くの人が利用する賃貸検索サイトでは、

賃料をはじめ、駅徒歩や築年数、間取りなど、様々な検索項目が設けられ、自

分の希望条件に合った物件を絞り込めます。

空室率が増加傾向にある昨今、不動産オーナー様は最も多くチェックされている検索項目を知ることで、

ユーザーが何を重視して物件を選んでいるのかを把握し、求められている条件を多く満たす物件こそが、満室経営につながります。

重要検索事項(20~40代の男女対象

第1位:賃料(48.6%)
第2位:通勤時間、間取り(11.4%)
第3位:駅徒歩、その他(8.6%)

賃料が群を抜いて最優先事項に選ばれていますが、間取りや用途を変更することで賃料を維持することも可能です。

賃料を下げてしまうのは最終手段とし、対策していくことが大切です。

 

http://manshitsu.nagoya/

賃貸住宅,リフォーム,リノベーション,工事,満室経営,不動産管理,収益物件,資産運用,入居問題,空室対策,大家業,クロス張替,家賃収入,屋上防水工事,ダイノックシート,家賃保証,3点式ユニットバスのセパレート工事,改修工事,外壁塗装,原状回復工事,設備工事,電気工事,間取り変更,名古屋市,愛知県

投稿日:2017年06月20日

こんにちは。

梅雨入り宣言があったのにも関わらず、晴天が続いてますね。

 

本日は、梅雨時~夏の時期に要注意のシロアリについてです。

 

シロアリは、木材の中に蟻道を作り、大切な家の床や柱をボロボロに食い散らし、湿った木材が大好物です。

なんと言っても、柔らかく、食いつきやすいので、蟻道が作りやすいのですから。

ですので、雨が多く湿気の多い梅雨は、シロアリにはとても過ごしやすい時期です。

家をシロアリの被害から守り、長持ちさせるためには、夏にシロアリがよりつきにくい環境作りがポイントになってきます。

床下の湿気対策(「床下調整剤」「床下換気扇」「床下に石灰を撒く」など)をとったりする手もありますが、

一度、シロアリが巣(コロニー)を作ってしまったら、

完全に駆除することはかなり困難と言われています。

 

RCや、軽量鉄骨のマンションでも、内装材(天井・壁・床)は木で組んである場合がほとんどです。

実際にシロアリを見たことのある人は、少ないのではないでしょうか。

シロアリは木を主食とする昆虫ですが、木の表面には出てこないため普段目にすることはありません。

 

気付かないうちに、どんどん被害が深刻化しているケースがあります。

目に見えるところに被害が出てきたころには、下地の木材がカスカスに食い荒らされていたり。

ひとつの部屋ではなく、複数の部屋で被害を受けていたり。

 

■春~夏にかけて羽蟻を沢山見た。

■床がフワフワと浮いたようになっている。

■床がギシギシ軋む。

■水漏れなどがある。もしくは、水漏れがあった。

■床下の湿気が多い。            など。

 

シロアリは巣を壊滅させないと駆除する事は困難で

このシロアリの巣を探し出す事が駆除への第一歩となります。

シロアリの巣が特に多く見られる場所は水廻りが多く、

お風呂場(ユニットバスではなく在来工法のお風呂は要注意)、トイレ、玄関、キッチンなどに集中していますので

床下に潜りこの周辺を重点的に点検します。

 

しかしシロアリの巣は土中や壁中などにありますので

見て目で発見する事が難しいのが現状です。

まず床下を確認する際には基礎や束などに蟻道と呼ばれる蟻の通り道が無いかを探します。

床が浮いているような場所なども重点的に点検します。

シロアリは外側を残して中だけを食べますので土台や大引きなどは叩いて音の違いを確認します。

中が食べられてる場合は音が軽い、他とは違う音がするなどの違いがあります。

 

被害が広がる前に、いち早く気付けるよう、日ごろからチェックが大切ですね。

投稿日:2017年06月16日

こんにちは!

暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日に引き続き、暑い時期に活発な害虫について。

 

今回は蜂についてです。

前回はシロアリについてご紹介しております。コチラ☟

https://lifestylemarket.jp/page/view/153

 

 

蜂は希少性の高いものを合わせれば、世界中に20万種以上も生息していると言われています。

しかし、人に危害を加える蜂はこの中でも限られてきます。この日本に生息する蜂の種類と特徴、

そして攻撃性・凶暴性が高い蜂の見分け方について種類写真と共に探っていきましょう。

 

スズメバチ種

主な住処は土中や木の根元などが多く、

気づかぬうちに巣を刺激してしまう場合があります。

竹などに営巣する「フタオビドロバチ」などのドロバチもスズメバチ科に属しており、

山林で活動する際には十分に気を付ける必要があるでしょう。

 

 

アシナガバチ種

アシナガバチの巣は灰色(ねずみ色)が特徴。

都市の建物に溶け込み易く都市部で暮らすのに適した蜂と言えるでしょう。

スズメバチに比べて攻撃性はないものの、巣の防衛のために人に害を与えるケースも少なくはありません。

住居周りで営巣することも多いため、巣の駆除依頼が多い蜂でもあります。

 

 

ハナバチ種

楽曲名にも登場するマルハナバチなどを含め、農作物の受粉や蜂蜜など、

人との関わりが強い蜂の種類になります。

しかし、マルハナバチが在来種と外来種の植物を受粉させて交配してしまうケースや、

ハキリバチが野菜の葉を食い荒らしてしまうケースなど、

時には悪影響を与えるケースも少なくありません。

 

 

 

では実際に、上記の3種類の蜂の見分け方について解説していきます。

もちろん、蜂に襲われている状況で巣の形状や蜂の種類を図鑑で調べることは困難かと思いますので、

危険性の高いスズメバチとアシナガバチの簡単な見分け方をご紹介していきましょう。

 

 

 

攻撃性の高い蜂の多くは、「腰が細い蜂」になります。

なぜなら、昆虫などの餌が腰を通らないため、幼虫の分泌液を餌にしているからです。

つまり、コロニーを守らなければ餌にありつけない訳になりますので、

防衛本能が高い、攻撃性の高い蜂が多くなるのです。

そのため、攻撃性の高いスズメバチやアシナガバチを見分ける際には「腰がくびれているか」どうかを見るようにしましょう。

 

 

 

次に巣の形状からスズメバチとアシナガバチを見分けていきましょう。

フラスコ形や丸形で外が覆われている巣を見かけた場合、

スズメバチの可能性が高くなります。逆に、扇状に開けた巣をしていた場合はアシナガバチの可能性が高くなります。

巣の違いは両種を見分ける大きなポイントになりますが、

巣を探し回る行為はかえって襲われる危険がありますのでたまたま見つけた時に判断する程度にしておきましょう。

 

世界では絶滅危惧種を含め様々な種類の蜂が生息しており、

その一つ一つを見分けていくことは困難です。

しかし、危険性の高い蜂の特徴を理解することで、被害のリスクは大きく低減することが出来るはずです。

もちろん、見分ける前にまずは安全を確保することが先決になります。

黄色や黒のしま模様を見かけた際にはすぐ逃げる、そして安全を確認した後に蜂駆除を考えるようにしましょう。

 

 

ご入居者さまは、危険な蜂が巣をみつけたら、自分で駆除しようとせず、管理会社・大家さまへご報告くださいませ。

 

http://manshitsu.nagoya/
賃貸住宅,リフォーム,リノベーション,工事,満室経営,不動産管理,収益物件,資産運用,入居問題,空室対策,大家業,クロス張替,家賃収入,屋上防水工事,ダイノックシート,家賃保証,3点式ユニットバスのセパレート工事,改修工事,外壁塗装,原状回復工事,設備工事,電気工事,間取り変更,名古屋市,愛知県

投稿日:2017年06月06日

こんにちは!

すっかり夏の陽気になりました!

 

衣替えをするたびに、収納がもっと欲しいと思います。

そこで本日は、今池にあるトランクルームをご紹介いたします。

 

トランクルームといっても、屋外型・屋内型さまざまあります。

こちらが良く目にする屋外コンテナ型のトランクルームです。

空き地の活用として、コインパーキングやコンテナトランクルームに利用されて、

名古屋中でもいろんな場所にあります。

 

弊社でも、倉庫代わりで利用しておりましたが、

夏の時期に行くと、地獄のようにあつく3分も中に入っていられません。。。

 

梅雨時には湿気などから劣化やカビなどの心配があります。

温度や湿度などに影響を受けない収納物であれば、これほど便利な収納スペースはないでしょう。

 

 

ですが、今回は室内型のトランクルームをご紹介いたします。

 

屋内型のトランクルームの場合、24時間防犯カメラや監視カメラなどの設備が設置されていたり、

警備システムが万全です。

空調設備が整っているところも多く、気温や湿度に左右されませんので、

デリケートな衣類や美術品、コレクションなども安心して預けることができるというメリットがあります。

 

ですがその反面、料金がやや高めに設定されていると思われておりますが、

 

弊社で管理させて頂いている今池にあるトランクルームは、

かなりお値打ちに料金設定させて頂いております。

 

今池トランクルームの詳細はコチラ

https://lifestylemarket.jp/chintai/view/78

 

なんと月額5000円~

地区一番のお値打ち料金にて提供しております。

 

もちろん、

セキュリティー完備。

敷地内ひろびろ前面駐車場3台分完備。

エレベーター完備。

 

内覧いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ!!

 

http://manshitsu.nagoya/

賃貸住宅,リフォーム,リノベーション,工事,満室経営,不動産管理,収益物件,資産運用,入居問題,空室対策,大家業,クロス張替,家賃収入,屋上防水工事,ダイノックシート,家賃保証,3点式ユニットバスのセパレート工事,改修工事,外壁塗装,原状回復工事,設備工事,電気工事,間取り変更,名古屋市,愛知県

投稿日:2017年06月01日

 

こんにちは!

本日は、追い炊き配管工事について。

 

 

 

ファミリーは、

一人目の入浴・二人目の入浴に間が空いてしまい温度が冷めてしまうから・・・

 

単身者さんは、

1日目のお風呂を2日目にも沸かしなおして入浴したい・・・

 

 

と、追い炊き機能は大変需要があります。

 

 

ぼやけて見えにくいのですが・・・・

 

 

賃貸物件をお探しの際に、設備として記載でき、

ランキングでも単身・ファミリー共にランクインしております。

 

ファミリー向けは、なんと1位の欲しい設備なんです。

 

ファミリー向け

第1位 追い焚き機能(前回1位)

第2位 システムキッチン(前回5位)

第3位 エントランスオートロック(前回2位)

第4位 インターネット無料(前回3位)

第5位 ウォークインクロゼット(前回7位)

第6位 浴室換気乾燥機(前回6位)

第7位 ホームセキュリティ(前回4位)

第8位 床暖房(前回ランク外)

第9位 太陽光パネル入居者個別売電(前回8位)

第10位 24時間利用可能ゴミ置場(前回9位)

 

既存物件では、新築マンションと同等の設備を導入しないと、

家賃が少し高くても!と新築マンションを希望される方が多いです。

 

 

今一度、周辺の競合物件と見比べて設備・家賃を検討しなければなりません。

 

いつでもなんでもご相談くださいませ!!!
http://manshitsu.nagoya/

賃貸住宅,リフォーム,リノベーション,工事,満室経営,不動産管理,収益物件,資産運用,入居問題,空室対策,大家業,クロス張替,家賃収入,屋上防水工事,ダイノックシート,家賃保証,3点式ユニットバスのセパレート工事,改修工事,外壁塗装,原状回復工事,設備工事,電気工事,間取り変更,名古屋市,愛知県

投稿日:2017年05月31日

こんにちは!
昨日、間仕切りの解体事例をご紹介いたしましたが、
本日は逆!間仕切り造作の事例です。
上記は、瑞穂区新瑞橋駅から徒歩5分のテナント事務所様の工事事例です。
水周りを除いて80㎡もある事務所を
中央の柱に沿って間仕切り壁にて分割し、40㎡の事務所を2部屋にしました。
この事例では、玄関入口も2つあり、もともと2部屋に分割出来るような造りでしたので、
単純に間仕切り壁の造作のみとなりました。
しかし、事務所を分割する場合には、
本来なら水周り(トイレ・給湯室等)の設備や玄関入口・照明スイッチ・分電盤等の工事が発生します。
時代によって、間取りや用途の需要が異なります。
時代のニーズに合わせて、間取り変更などの対策が必要です。
弊社では、事務所・賃貸アパート・賃貸マンション・区分マンション・戸建て・テナントビルなどなど
名古屋中で様々な物件を取り扱わせて頂いております。
空室が続くようになってきたら、需要に合ってないということです。
いつでもなんでもご相談くださいませ!!!
http://manshitsu.nagoya/

賃貸住宅,リフォーム,リノベーション,工事,満室経営,不動産管理,収益物件,資産運用,入居問題,空室対策,大家業,クロス張替,家賃収入,屋上防水工事,ダイノックシート,家賃保証,3点式ユニットバスのセパレート工事,改修工事,外壁塗装,原状回復工事,設備工事,電気工事,間取り変更,名古屋市,愛知県

投稿日:2017年05月30日

こんにちは。
本日は、間取り変更・間仕切り解体の事例です。
3DKタイプの間取りの区分マンションの間取り変更のリフォーム事例です。

近年、3部屋という部屋数より、

1つの広い空間を好むようになり、3DK需要が減少しております。

こちらのお客様は、ご夫婦2人でお住まいになり
お孫さんが遊びにきてもよいように、広いリビングが欲しいというご依頼でした。
RC(鉄筋コンクリート)の建物では、梁と柱が構造躯体になるので、
木で組んである間仕切りは解体可能です。
工事費について、幾らくらいで出来るのか。と大体の金額を尋ねられることが多いのですが、
物件によって、造りがバラバラなんです。
壁を解体した後に、天井が落ちてくるケースがあったり、
床の高さ(レベル)が合わず、段差が出来てしまうケースも・・・
折角広い空間をつくっても、段差があるようではかなり残念です。
いつでもなんでもご相談くださいませ!!!
http://manshitsu.nagoya/賃貸住宅,リフォーム,リノベーション,工事,満室経営,不動産管理,収益物件,資産運用,入居問題,空室対策,大家業,クロス張替,家賃収入,屋上防水工事,ダイノックシート,家賃保証,3点式ユニットバスのセパレート工事,改修工事,外壁塗装,原状回復工事,設備工事,電気工事,間取り変更,名古屋市,愛知県

投稿日:2017年05月26日

【宅配ボックス事例】賃貸住宅の30%以上の入居者様が【宅配BOX】を利用しています。34%以上の人が次回引っ越しには必要と言っています。

 

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

 

お部屋探し時の利用情報源として80%以上を占める物件検索サイト。

検索サイトには、簡単検索でお探しの物件がすぐ見つかる条件検索が可能なのは皆さまご存知かと思います。

 

物件検索サイト対策が重要な昨今ですが、最近では「宅配ボックス」を検索条件に追加する利用者が増えており、 宅配ボックス導入により多数の物件の中から利用者に見つけてもらいやすくなります。

特に単身向けアパート・マンションをお探しの方は、宅配ボックスを重要視してお部屋を探している現状です。

 

 

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

 

新築マンションではすでに導入があたりまえとなった宅配ボックスのニーズの高まりが賃貸市場にもすでに現れています。

宅配ボックス設置には、設置場所の確保と100V電源のみで直ぐにでも設置可能です。
今までに導入させて頂いた事例が多数あり、嬉しいことにご入居者様から感謝のお言葉を本当に多く頂戴しております。

雨が直接掛からないエントランスに幅500mm×奥行450mm×高さ1800mmのスペースがある物件をお持ちの大家様は、是非是非ご相談くださいませ。

 

 

 

投稿日:2017年05月26日


 

昨日に引き続き、本日も雨です。

 

昨日のおさらいです。

雨漏り被害にあう前に、下記事項要チェックです。

 

①屋上の防水層に亀裂がある。

②冊子周りや目地のシーリングがスカスカになっている。

③共用廊下の長尺シートが剥がれている。

④外壁にクラックが走っている。

⑤クラックや目地から、エフロ(白い粉)が滲み出ている。

 

 

屋上の防水には、3種類あります。

・塗膜防水(塗る工法)

・アスファルト防水(塗る+貼る工法)

・シート防水

防水工事にはさまざまな種類があり、用途に応じた工法で施工されています。

防水は、建物を雨漏りから防ぐだけでなく、建物の構造自体を守っています。

建物構造の代表である鉄筋コンクリート構造は、

鉄筋が弱アルカリ性に覆われ、錆から保護されていますが、

コンクリートの表層から空気中の炭酸ガスなどが侵入すると、化学反応により

、コンクリートのアルカリ性は失われ(中性化)、内部の鉄筋は錆びやすくなります。

その結果、コンクリートが破損したり、

コンクリート中の成分が染み出す現象(エフロレッセンス)が起こり、建物の劣化が進んでしまいます。

このような構造劣化を防ぐ意味でも、防水はとても重要な機能です。

防水工事の耐用年数は大きく「工法」「材料」「工事の質」「工事対象部分の状況」などによって変化します。

工事の質は防水工事会社の技術やサービスレベルによって異なり、

対象部分の状況に関しては、日当りや風の影響の大小、または人がどのくらいその場所を利用するか等で変化致します。

10年以上メンテナンスをしていない方は、

建物診断をお勧めいたします。

いつでもなんでもご相談くださいませ!!!
http://manshitsu.nagoya/

賃貸住宅,リフォーム,リノベーション,工事,満室経営,不動産管理,収益物件,資産運用,入居問題,空室対策,大家業,クロス張替,家賃収入,屋上防水工事,ダイノックシート,家賃保証,3点式ユニットバスのセパレート工事,改修工事,外壁塗装,原状回復工事,設備工事,電気工事,間取り変更,名古屋市,愛知県

投稿日:2017年05月25日

こんにちは。

真夏のような暑い日があったと思えば、

昨夜は土砂降り雨でしたね。
しかしこの雨も明日までの予報。

梅雨入りはまだのようです。

そんな梅雨時期に多いトラブルとして、雨漏りがあります。

①屋上の防水層に亀裂がある。

アップすると

 

②冊子周りや目地のシーリングがスカスカになっている。

 

③共用廊下の長尺シートが剥がれている。

 

④外壁にクラックが走っている。

 

⑤クラックや目地から、エフロレッセンス(白華)が滲み出ている。

 

などなど

 

 

※エフロレッセンス(efflorescence)とは、

コンクリート中の可溶性物質やコンクリート周辺に存在する可溶性物質が、

水分とともに貫通したひび割れを通ってコンクリート表面に移動し、

水分の逸散や空気中の炭酸ガスとの反応によって析出したものです。

 

上記のような症状があれば、要注意です。

いつ雨漏れが起こってもおかしくありません。

梅雨時期のように毎日雨が続く時期に雨漏りが発見されれば、

処置を施そうにも、雨が止まない限り施工できません。

多少の水漏れだったらクロスの張替えだけで済むような被害でも、

漏水期間が長引けば、

ボードが膨らみ張替えが必要になったり、

下地まで腐って組み直さなければいけなくなってしまったり、

照明器具の故障・漏電、

フローリングの腐食などなど。。。

どんどん被害が拡大してしまいます。

 

 

あ、やばいかも!と思った方は、梅雨入りする前に、是非この機会にご相談くださいませ!

いつでもなんでもご相談くださいませ!!!
http://manshitsu.nagoya/

賃貸住宅,リフォーム,リノベーション,工事,満室経営,不動産管理,収益物件,資産運用,入居問題,空室対策,大家業,クロス張替,家賃収入,屋上防水工事,ダイノックシート,家賃保証,3点式ユニットバスのセパレート工事,改修工事,外壁塗装,原状回復工事,設備工事,電気工事,間取り変更,名古屋市,愛知県