投稿日:2017年02月22日

銀行からお金を借りて不動産で純資産を増やす。

キャッシュフローだけに目を奪われた従来の不動産投資では、資産価値の下落が無視されがちなので収支悪化により一挙に破綻する恐れがあります。

本書では、「純資産を重視」した、より安全で高収益な新しい不動産投資スタイルを提示します。(同書帯書きより)

改めて発売時期を見てみると初版発行からもう5年も経っているのですね。

でも書いている中身は2017年2月の現在でも一向に古さを感じさせません。

至極全うなことが書いていて改めて20代の頃からこの考えをしていた石渡浩氏の慧眼には恐れ入ります。

書籍の中で金利が低い今だからこそ成り立つビジネスであることを何度も訴えておらるようにこの本には記載はありませんが、今が売り時と2016年には自身が100%株式を保有していた不動産投資法人を売却し約五億円の現金化に成功しています。